経済産業省 IT導入補助金 2020年IT導入補助金の情報を掲載しています。補助金活用のご相談お承りしています。

令和元年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業 IT導入補助金2020の受付は終了いたしました。

HP制作・システム導入などITツールの導入コストが3/4に!
補助金上限額450万円

ホームページ制作やECサイト制作の費用に対し、3/4の30〜450万円が補助されます!

経済産業省の「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」は、中小企業者等におけるITツール(ソフトウェア、サービス等)の導入費用の補助を通じて、中小企業者等の生産性向上を目的とする事業です。IT導入補助金を利用すると、システム導入費用の4分の3(上限額:450万円 下限額:30万円)が補助されます。

IT導入補助金とは?

中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)のバックオフィス業務の効率化など、付加価値工場につながるITツールの導入に関し、導入費用の1/2もしくは2/3が補助される補助金です。
また、本年度は「非対面型ビジネスモデルへの転換」のためのITツールの導入費用については補助額が引き上げとなり、導入費用の3/4が補助対象となります。
※例:ECサイト構築、HPでの接客対応、オンライン問い合わせシステムなど

  • 2020年度IT導入補助金の公募は終了いたしました

    数多くのお問い合わせを頂きありがとうございました。

その他の補助金について

ものづくり補助金(補助額:100万〜1,000万円)

新製品・サービス開発や生産プロセス改善などのための設備投資を支援する補助金です。
中小企業の「生産性革命」を推進するという目的があるため、生産性が大幅に向上する内容が求められるため、採択難易度はかなり高いです。

持続化補助金(補助額:〜50万円)

小規模事業者が取り組む販路開拓や生産性工場の取り組みを支援する補助金です。
各商工会議所などの団体を介して申請を行う、比較的採択されやすい補助金です。マイモールでも持続化補助金を活用し、チラシ・フライヤー・WEBサイトの制作実績がございます。

マイモールからの導入実績

IT導入補助金の特徴としては、他の補助金のように、商工会議所のような支援団体を経由して申請を行うのではなく、経済産業省の認可を受けたITツール(フロント業務を活性化させるWEBサイトや、バックオフィス業務の業務効率をアップさせるシステム導入など)を「IT導入支援事業者」と呼ばれる企業から購入する際にのみ、活用される補助金です。また、申請業務に関しても「IT導入支援事業者」を通じて行うため、申請に必要な業務のサポートを受けられることがメリットとなります。マイモールは4年連続で「IT導入支援事業者」に採択されており、様々な中小企業様の申請をサポートさせていただいております