STAFF BLOG インターネットのプロ目線コラム

マイモールスタッフがプロの目線でお伝えしたいインターネット活用の便利お得情報や最新のWEBサイト情報、セキュリティ対策にまつわる話、おすすめの最新技術、パソコン利用のワンポイントアドバイスなどインターネット以外の話題もどんどんお伝えしていきます!

SNSでシェアされたページの訴求率を高めるには? 2020/2/6

こんにちは、マイモールのtaichiです。
先日、お客様が開催されるイベントページの作成の際に、
SNSでの共有・拡散での告知に伴って、OGPの設定を行わせていただきました。

なので今回は、OGPについて軽い説明ができればと思っています。
詳しい設定方法などは、省略させていただきますのでご了承下さい。

OGPとは?

OGPとは、Open Graph Protcol の略で、OGPを設定することでSNS(Facebook・Twitter・LINE)でシェアした際に、
WEBページのタイトルやイメージ画像、詳細などを正しく伝える事ができます。

※以下画像をご覧下さい。Facebook・Twitterでシェアされた時の表示例

上記のように、SNS上でURLが表示して共有された際に設定しておいたタイトルや画像、説明などが表示されて、他ユーザーに対してWEBページの内容を詳しく伝えることができます。

OGPを設定した際のメリットは?

OGPの設定を行っていない場合、SNS側が自動的に画像や説明文を表示してしまいます。
そのため、ページ内容が他ユーザーに正しく伝わらなくなります。
OGPを設定することで、伝えたい内容が明確になり、
共有された他ユーザーへの求心欲が高まり、多くの人にページを見てもらうことが可能になります。

SNSを利用して集客のアップを目標とする際は、OGPの設定を行うことが必須です。
その際には、OGPのアイキャッチ画像を設定すると、クリック率の増加が期待できます。

まとめ

OGPの設定をするとより多くの人に止まる機会が多くなります。
タイトルや説明文など、どんな文章にすれば、クリックしたくなるかなど、
自分のWEBサイトに興味をを持ってもらえるような文章を考えながら設定するとよいかもしれません。
より多くの人に見てもらいたい、より多くの人に知ってもらいたい、そんな時はOGPの設定を是非オススメします。