STAFF BLOG インターネットのプロ目線コラム

5/1追加情報 新型コロナウイルス感染症対策経営力強化補助金

◆滋賀県内の事業者の方向け◆

4月30日から緊急で2回目新型コロナウイルス感染症対策経営力強化補助金が再度公募が開始されました。前回は予算5,000万円で先着順としていた為、公募開始から3日で終了してしまいました。今回は5月22日まで受け付け、先着順ではないということです。予算も前回の倍である1億円用意されています。

ただ、応募が殺到されると予想され、相当な倍率となると思われます。応募が膨大になると、内容を審査する時間もかなりかかるはずなので、交付決定日、補助金支給も時間がかかることになるでしょう。

とはいえ、補助率は小規模事業者4分の3、中小企業者は3分の2、補助上限額50万円で、以下の3つのどれか又は複数に関わる事業計画であり、

(1) 人材育成・確保に関する事業
(2) 働き方改革・職場環境改善に関する事業
(3)インターネット等を活用した新たな販路開拓に関する事業

使途として、専門家謝金、専門家旅費、職員旅費、広告宣伝費、印刷製本費、通訳・翻訳料、通信運搬費、資料購入費、受講料、借損料、出展料、インターネット等への情報掲載料、委託料と幅広く使えますので、今後の事業活動の為には弾みとなる補助金と思いますので、是非とも挑戦してみてはいかがでしょうか。

https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/shigotosangyou/syougyou/302793.html
受付期間:令和2年4月30日(木曜日)~令和2年5月22日(金曜日)17時まで。※先着順ではありません。

▼前回の記事です。

今回は 新型コロナウイルス感染症対策経営力強化補助金 について
ご紹介したいと思います。

新型コロナウイルス感染症対策経営力強化補助金 とは…
新型コロナウイルス感染症の影響を受けた、または受ける見込みのある
県内中小企業等の今後の事業活動に資する新たな販路の開拓等の
取り組みに対し、予算の範囲内で経費の一部を補助するために県から渡されるお金のことです。

 

対象企業は滋賀県に本社・籍がある
県内の中小企業や小規模事業はすべて対象になります。

 

どういったことに使えるのか??

使い方は 1.求人 2,広告 3,働き方 の3つに分けて
簡単に説明していきたいと思います。

 

1,求人

新型コロナウイルス感染症の影響で減給されたり、

外出しなければならない不安で辞めてしまうということも少なくないと思います。
そんなときに求人広告を出したり、求人を新たに増やす方法を取った場合に発生する
経費などが補助の対象になります。

2,広告
求人のような広告はもちろん、売上が落ちていた際
SNSに広告を出したり、HPや折込チラシを作ったりする
広告の作成や、宣伝にかかってくる
売上を確保するための経費も補助の対象になります。

 

3.働き方
会社の密閉空間で仕事を続けるのが難しかったり
会社内で感染者が出て、仕事ができる環境ではなく
テレワークの導入など勤務体系を新たに追加することになった場合
その分の経費がかかってきます。
そんな経費も、一部の金額が補助の対象になります。
など新型コロナウイルス感染症の影響で
求人対策や売上の向上のために新しい事業を行う場合に
使うことができる補助金です。

 

申請期間は令和2年4月1日~令和2年5月29日ですが
県の予算なので、全体予算が潤沢にあるわけではありません。
ですので、申請は早い者勝ちになります。
予算額に到達次第終了されるので、4月中の申請をお勧めします。

提出書類や注意点など詳しくは
ホームページにてご確認ください!

ホームページ
https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/shigotosangyou/syougyou/302793.html