STAFF BLOG インターネットのプロ目線コラム

経済産業省 情報処理支援機関「スマートSMEサポーター」に認定されました。

人手不足による中小企業者等の生産性向上が求められる中、中小企業者等の生産性向上・経営基盤の強化のため、平成30年7月9日に「中小企業等経営強化法」の一部改正が施行され、中小企業のIT活用を支援するITベンダー等を情報処理支援機関として認定する制度として「スマートSMEサポーター」が創設されました。

スマートSMEサポーター

マイモールは以下の認定条件を満たしたことで、令和3年4月30日に「スマートSMEサポーター」認定となりました。
● IT及びITツールに関する専門的な知識・経験・実績を有していること
●生産性向上を行おうとする中小企業者等に対しIT利活用に係る指導及び助言が行えること
●⻑期間にわたり継続的に⽀援業務を実施するための実施体制を有すること

中小企業が使いやすいITツールの開発促進や中小企業のIT導入を通じた生産性向上のお手伝いいたしますのでよろしくお願いいたします。

「第Ⅱ期 中小企業デジタル化応援隊事業」では「スマートSMEサポーター」の助言、アドバイスに対し補助金が活用できます。IT導入を推進したいが、具体的なITツール(EC構築、セキュリティ強化、テレワーク、問い合わせ効率化、クラウド、顧客情報管理、ホームページ構築、等)の導入(仕様、時期、規模、等)が決まっていない事業者はIT専門家のアドバイスを国の支援を受けながらIT導入計画を策定することができます。
詳しくは→第Ⅱ期 デジタル化応援隊事業公式サイト
是非ともマイモールにご相談ください。

スマートSMEサポーター制度のご案内(PDF)

認定情報処理支援機関一覧(令和3年4月30日認定分)(PDF形式:218KB)

スマートSMEサポーター制度とは?
中小企業の生産性を高めるためのITツールを提供するITベンダー等のIT導入支援者(※)を「情報処理支援機関」として認定する制度のことです。
ITツールを導入したい中小企業はどんなツールをどんな企業に依頼すればいいかわからないといった悩みに対して、本認定を受けたITベンダーや認定を受けているITベンダーの情報を見ながら依頼先を選定することができます。また、中小企業が使いやすいITツールの開発をITベンダー等に促すとともに、中小企業のIT導入を通じた生産性向上を図ります。
https://smartsme.go.jp/overview/